So-net無料ブログ作成
検索選択

もうすぐヒメボタルの季節です。 [日記]

今年も5月が近づくとそわそわしてきます。
いよいよヒメボタルのシーズンがやってきます。
昨年の最初の一匹は5/8でした。
今年はどうでしょうか・・・

みなさん最初の一匹(初見日)を予想しませんか?

* * *
今シーズンもこのブログで
ヒメボタルの情報をお知らせします。

チームワークの幼虫調査 その2 [日記]

20日(土)快晴の中、トラップ取り出し作業を行いました

すばらしい!人がすばらしい!!
兵庫・東京から先生方に来ていただく中、小学校2年生~杖をもったご高齢の方まで、初めての参加の人から受け継ぐ者たち素人の集まりで、またまたチームワークよくほんわかと予定よりうんと素早く手際よく行うことができました。また、通りがかりの方が突然参加してくださり、素晴らしい戦力となってくださいました。
DSC02545.JPGDSC02552.JPG
杖をもった方も、2週続けてきてくださり、現場でできる限り精一杯のことをしてくださって本当にうれしく思いました。小学生の子たちは、調査もしましたが、後片付けで大活躍!280個のイカ臭い容器を手際よく処理してくれました。そうそう、現地のごみ拾いも知らないうちにしてくれていました。骨折して貢献できない、と言われた方は家でこの調査のための大変な準備をこつこつとしてくださいました。みんなが作業しやすいように、机やいすなどを持ってきてくださった方もみえました。差し入れにポットまでもってきてくださった方もみえました。5班に分かれましたが、班の中では、もともと知らない人同士なのに、笑顔で協力しあう姿が見られました。

幼虫がかかった結果も、しっかり出ました。
「自分は力になれない・・・」と言っていた方たちがみえましたが、いえいえ、全員、一人ひとりやってくださったことが成果となったのですから、全員の協力の作品・・・という感じです。

講師の安岡さんが「幼虫が容器に入る気分にならないと入らない」と言われたように、ここのところの天気続きで、土が乾いていて幼虫さんにとっては、乾いた土の先にあるイカを食べに行く気にはならなかったようです。あまりトラップにはかかってはくれませんでした。やった中で結構湿っていた所ではしっかりとトラップにかかっていました。湿っている所、というのはぱっと見ただけでは私には判断できませんでした。なぜ、ここが湿っているの?というところが湿っていました。湿っていそうでも堀の崖が急だと乾きやすい状態もやってみてわかりました。自然の作りだす環境は、私なんかには想定できない。でも、そこに暮らすヒメボタルはそれをちゃんと察知して、自分の暮らしやすい地点を探す知恵をもっている、すごいなあ、と思いました。これは、ヒメボタルに限らずどんな生き物でもそうですね。

人と人のつながりに感動し、一人ひとりの力のすごさに感心し、力が集まった成果にまた感動した私です。そして、自然の成り立ちに驚かされた私です。今まで存じあげなかった方と知り合え、幅広く広がって、小学生に受け継がれている手ごたえを感じたこの幼虫調査、実施させていただけて本当によかったです。

皆様、ご協力本当にありがとうございました!


by Yasuda

チームワークの幼虫調査 [日記]

11月13日にヒメボタルの幼虫調査をしました。

名古屋城ヒメボタルの保全の仕方をきちんと知るために、昨年度、幼虫がどこにいるか、の調査をしました。「兵庫県立人と自然の博物館」の八木剛先生が私たちの先生です。私はびっくりしました。だって、成虫がいっぱいいる所に幼虫がいっぱいいると信じていたのに、違っていたんです。調べてみるものですね。

幼虫は陸貝(でんでんむし)を食べると言われていますが、この調査で使うトラップではえさは イカです。幼虫さんは、イカが好きみたいです(^_^)イカは陸にいませんけどね・・・。
今年は、昨年調べられなかった箇所を調べています。八木先生と一緒に研究されてこの「ヒメボタルホイホイ」の開発者でもある神戸大学の安岡さんに指導していただいています。

よう 004.jpg
13日、昨年の経験者は少なく、新しいメンバーでした。2年生~ご高齢の方まで。午前中は3つのグループに分かれ、午後は5つのグループに分かれてやりました。そしたら、どのグループも、むちゃくちゃチームワークがよく、どのグループも予定より早く、しかもほとんど同時に作業終了でした。お互いに知らない人同士で組んでいたとは思われません。すごかった!です。

みなさん、すごくいい顔して、お互いに笑顔で助けあって、自分のところが終わると、ぱっと他のところを手伝いにいって・・・。すごいなあ~。みなさん、本当にお疲れ様でした、そして、ありがとうございました。お見事なチームワークに感動!でした(*^_^*)
(これまでの準備をかげでしてくださった方たちの力がまたすごかったんですね。ありがとうです。)


by Yasuda