So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
お知らせ ブログトップ
前の10件 | -

ヒメボタルの観察は終了しました。 [お知らせ]

今年のヒメボタルの観察は終了します。

今年は5/20夜がピークでした。
3000匹を越える多くのヒメボタルを確認できました。
新しい発見や出会いがあり私たちも楽しく活動することができました。

ありがとうございます。
また来年お会いしましょう。

名古屋城外堀ヒメボタルを受け継ぐ者たち
nice!(0)  コメント(3) 

三脚カバーの忘れ物 [お知らせ]

撮影する方の忘れ物でしょうか?数日前より
三脚のカバーが本町橋の手すりにかけたままになっています。
本日は雨なので、まだそのままでしたらこちらで回収して
大津橋近くの交番に預けます。


追記:5/30夜、確認したところ三脚カバーは無くなっていました。

nice!(0)  コメント(0) 

ヒメボタルのカウントについて [お知らせ]

「どうやって蛍を数えているの?」
と聞かれることがあります。

名古屋城の外堀に発生するヒメボタルは外堀通に沿ったお堀を
東は大津橋の交差点から西は新御園橋交差点あたりまでの
かなり広いエリアを複数のスタッフで分かれてカウントしています。
カウントの仕方で個人差がでます。
数分タイミングがずれるだけで数がかわります。
全体で100匹・・・。でも場所によっては光っていないこともあります。
気温が変わったり、風が吹いたりでも・・様子は変わります。

このブログでお知らせしている数を観察の目安にしていただけると
幸いです。もし私たちスタッフ(黄色い腕章つけてます)を見かけたら
{今日のよく見えるスポット}を聞いてください。その夜の一番をご案内します。
12時半くらいまでは本町橋や神社のあたりをうろうろしています。
深夜1時から2時過ぎあたりは、ヒメボタルの状況をみてカウントしています。

☆現時点では神社の中ほどにあるクスノキ周辺は多く光っています。
時間は23時あたりからです。

nice!(0)  コメント(1) 

落し物がありました。 [お知らせ]

20日夜、土手の上で落し物がありました。
スタッフが見つけアナウンスしましたが
落とし主がわからなかったので交番に届けました。

心当たりがある方は大津橋交番(中区丸の内三丁目3番10号)
にお問い合わせください。052-241-0110

2017年ヒメボタルの季節がやってきました。 [お知らせ]

毎年ゴールデンウィークが過ぎる頃からヒメボタルがポツポツ出始めます。
最初は数匹。天気によっては見ないこともありますが、
5月も中旬をすぎたあたりから急に数が増え始め一週間ほどでピークを向かえます。
そして6月、紫陽花が咲き始めのころに数が少なくなります。

ヒメボタルが出やすい時間は夜の11時から夜中の2時(早い時間のときもありますが)
とても遅い時間ですね。ここ名古屋城外堀ヒメボタルの特徴です。

このブログではできるだけ毎日の観察数を記録していきます。

ヒメボタルの観察を終了します。 [お知らせ]

ヒメボタルは昨夜の観察で2匹になりました。
今年は例年に比べると発生が早く、全体数が少なかったようです。
来年は多くのヒメボタルに期待したいですね。

当ブログにもたくさんアクセスいただきましてありがとうございます。
参考になりましたでしょうか。また来シーズンお会いしましょう。



そしてスタッフの皆さん、お疲れ様でした。

もうすぐヒメボタルのシーズンです。 [お知らせ]

ゴールデンウィークが終わる頃にヒメボタルのシーズンが始まります。
最初の1匹は例年5月10日前後。
見頃は中旬から6月のはじめあたりまで。

ヒメボタルの光を数えて
できるだけ毎日発信していきます。
ことしもよろしくお願いします。

明日31日(土)は「ヒメボタルお話会」 [お知らせ]

「ヒメボタルお話会」
〇5月31日(土)22時~23時
〇愛知県護國神社 境内にて
〇無料
※雨天中止

前回と同じ内容です。
ヒメボタルについてのお話や歌、
観察場所のご案内をいたします。

ヒメボタルお話会 [お知らせ]

「ヒメボタルお話会」
〇5月24日(土)22時~23時
〇愛知県護國神社 境内にて
〇無料
※雨天中止

ヒメボタルについてのお話や歌、観察場所のご案内をいたします。

撞木館でヒメボタルのお話が聞けます。 [お知らせ]

名古屋城ヒメボタルのお話
~ 子ども・人・心 ~

日時:6月8日(土)午後1:30~午後3:00
会場:文化のみち撞木館 和室1 (名古屋市東区)
講師:安田和代
参加無料(撞木館入館料は200円です。中学生以下無料)
◎当日はヒメボタルのお話や、外堀の草花を使った押し花しおり作りも行います。

主催:名古屋城外堀ヒメボタルを受け継ぐ者たち
〇撞木館
http://www.shumokukan.city.nagoya.jp/
前の10件 | - お知らせ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。